Portia fading /breath flows caressing a lips pour saliva

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

Portia fading

breath flows caressing a lips pour saliva

2014年の数々の作品の中で個人的には創造性、独創性あふれる
2012年に結成された東京のエモ/ポストハードコア・バンドからなる2014年夏に発表した1stアルバム『breath flows caressing a lips pour saliva』

クリーントーンのギターや中性的な魅力を放つヴォーカルを軸に切なく美しいサウンドを奏でている、そして冷たさや切なさの中で懐かしさを覚える谷岡氏の歌声もPortia fadingの魅力のひとつだろう。

和製Circa Surviveと称され、Further Seems Foreverの1stに浮遊感を足したような...正に貴重なバンドだと玄人なら気付くだろう。

上質な音楽を教えてくれる
Glamblemostdrs さんのサイトでPortia fadingのインタビューからパズルのピースのように拾った谷岡氏の言葉に


DownyやRadiohead、比較されるバンドに対して、
彼らはバンドの”音像”が音楽の中心になっていて、私たちは”メロディ”や”歌”が中心になっていると思います。だから凄いな、とは思うけど「聴きたい!」とは個人的にならなくて。バンドをスタートさせた時から”良いメロディのある音楽”という焦点は変わっていません。

この時に僕は可能性を見出した。


額の中の絵がまるで音として惹き込むようなメロディーに物語を込めたような「儚さ」「切なさ」の感情描写を淡い色どりで描いたような楽曲はまるで芸術家が楽器を鳴らしたような感触。


構成や展開にある隙間が意図的にあるのか気持ち良さを感じて、メロディーの淡い色合いはまるで絵のタッチのような...、
そう、曲を作ったというより、僕は絵を描いたと感じる楽曲達である。


暗いけど、なんか切ない、そして懐かしい感じ、この曲たちは感情があって温度があって、そして生きている。

特殊だと思う、こんなバンド僕は知らない。


#1.Sleep Like Coma
#2.In Thousand Lights
#3.Hurt Skips
#4.Half That Halve Me In
#5.Un Peu
#6.Doppelganger
#7.Ruins Of Lion